松本潤の画像ブログ: 松本潤くん、プロフィール2

松本潤動画>松本潤紹介

スポンサードリンク

2007年03月08日

松本潤くん、プロフィール2

松本潤2

松本 潤まつもと じゅん、1983年8月30日 - )は、日本の五人組アイドルグループ・嵐のメンバー、俳優。愛称は松潤(まつじゅん)。

東京都豊島区出身。ジャニーズ事務所所属。

身長:173cm、体重:52kg、血液型:Rh-A型、星座:乙女座、足のサイズ:26.5cm。

2人姉弟の2番目。堀越高校卒業。大きな瞳がトレードマーク。

概要
1996年5月17日にジャニーズ事務所に入る。姉にKinKi Kidsのビデオを見せられ同事務所に入りたいと思い、小学校卒業式の帰りに履歴書を出した。

ジャニー喜多川から「YOU、今なにしてるんだい? 今、六本木でレッスンしているから、YOUも来ちゃいなよ」と突然電話で合格を知らされたので、嵐のメンバーで唯一オーディションを受けていない。

2002年春に放送された『ごくせん』の沢田慎役での演技が評価を得て、テレビジョンのドラマアカデミー賞(2002春クール)で最優秀助演男優賞を獲得した。また2005年『花より男子』の道明寺司役でも最優秀助演男優賞を獲得した。

ジャニーズウェブでは、「Enjoy」という自分のコーナーを持ち、自ら撮影した写真と共に日記などを時々更新している。(「enjoy」とは彼の好きな言葉の一つで、成人式用のスーツ(YOHJI YAMAMOTO)を新調したときに刺繍を入れてもらっている)

参加ユニット
MAIN
Best Beat Boys(B.B.B.)
Bad Image Generation (B.I.G.)

NO BORDER
年男ユニット

人物
運転が荒い。そのせいか愛車のドアを擦ることがよくあるらしい。また、メンバー(大野智、相葉雅紀、二宮和也)とプライベートで温泉に行った際、相葉の愛車を運転し、料金所でタイヤを擦ったこともある。

以前は胃腸が弱かった。夏場、睡眠時のクーラーの設定温度を26度にした時に腹を壊したことがある。ドリンク類は全て室温にして飲むようにしている。

人に酒を飲ませるのが好き。飲ませて酔わせた後はちゃんと介抱もする。事務所の先輩(佐藤アツヒロ、TOKIOの山口達也など)や二宮らと居酒屋に行った際、飲まされてべろべろに酔っ払った二宮をずっと介抱していたらしい。(Webの二宮連載 ゲームニッキより) また、自分は酒がそれほど強くないようで、飲み過ぎると寝てしまうらしい。二宮のハリウッド撮影送別会の二次会で閉店時間の店内にもかかわらず赤ワインを追加オーダーするほど酔って、相葉の白いジャージにワインをこぼしたこともあったが、全然覚えていないということもある。またその後、雑誌の取材中に相葉に赤ワインをこぼしたことについてつっこまれ、「買ってくるよ」と苦笑いしていた。

NO BORDERでの飲み会の際、酔っ払って先輩の山口達也に「お前、飲んでんのか?」と絡んでいたらしい。(Webの山口の日記より)

小学生のころから野球が好きで得意。少年野球は小学校6年間続けた。ポジションは意外にもキャッチャー。

バック転はできない(メンバーでは櫻井もできないが、他3人は得意である)代わりにワームという技が出来る。

メンバーには「典型的なA型」と言われるほど几帳面な性格。綺麗好き。仕事に関してはとても熱心で、コンサートの構成など積極的に考えるのが好きである。奇抜な案もしばしば提言するためスタッフは大変なようだ。

2005年夏コンにて会場を騒然とさせた透明な移動式ステージ(大野命名「ジャニーズムービングステージ」)も、松本の発案によるものである。

何でもはっきりと発言するほうなので、嵐内では毒舌キャラと呼ばれていて、本人も自覚している。そのためナマイキなやつだと誤解を受ける事もたまにある。

涙脆い面がある。「映画を見ながら泣くことがある」と本人も明言しており、また2004年夏に出演した『24時間テレビ』では、番組後半の相葉がメンバー宛に書いた手紙に真っ先に泣き出し、結局松本は番組が終わるまでほぼ泣き通しだった(最後のサライも皆で肩を組んで歌いながら、一人泣いていた)。その後、手紙を読みながら泣いていた相葉とは、『Dの嵐!』内の最初の組み分けで「泣き虫さんチーム」を組むことになった。しかし本人は「でも、泣き虫ってなんだ?」と、その理由をまったく解っていない。

高校進学を考えていなかった松本に、進学するよう助言した櫻井翔からは何かと影響を受けている。

Jr.時代、先輩である滝沢秀明と仲が良く、滝沢のことを「滝沢くん」と呼んで慕っていた。仕事に対する姿勢、コンサートの構成などを教えてもらい、はたまた恋愛の相談などにも乗ってもらっていたらしい。Jr.時代、ハワイのホテルに宿泊の晩、滝沢の誕生日を祝おうと深夜0時にケーキと風船を持って部屋へ行ったが、滝沢は昼間の仕事の疲労で起きられず、祝いは空振り。意外に乙女な(ヒロミ命名)エピソードあり。

『きみはペット』を演じてからは、雑誌の「ペットにしたいアイドル」NO.1をキープしている(2005年)

仕事に対する意識が非常に高く、スタッフからはよく「プロ意識がある」と評される。ドラマや映画の収録現場には台本をいっさい持っていかないのも、彼の高い意識の現れ。『花より男子』で道明寺を演じた際には、「役を生かすのも殺すのも自分次第」と語っている。

机の上に何かこぼれているととても気になるらしく何も拭くものが無い時は自分の服の袖で拭いてしまうらしい。理由は袖は見えないけど机の上は見えるからだとか。(『はなまるマーケット』にて本人談)

子供は大好きらしい。

実は櫻井と同じぐらい絵が下手で本人の自覚もあるためコンサートセットの衣装デザインを口頭で伝えている。「かなり手間が掛かるから、絵が上手くなってそれらを表現する力が欲しい」とのこと。

顔が小さい。『花より男子』の撮影で傷口に絆創膏を貼る際、顔が小さくバランスがとれないため絆創膏を少し小さく切ってから貼った。

Hachette社発行のmarie claire日本人で初めて表紙を飾った男性である。

『真夜中の嵐』のロケで奈良公園を訪れ、鹿せんべいをあげようとして鹿を追いかけていたところ、「奈良の鹿愛護会」から叱られてしまった。

「ごくせん」で共演した、成宮寛貴、小栗旬と仲が良い。

2003年の夏コンでメンバーの二宮から車のハンドル(豹柄)を誕生日プレゼントで貰う。翌年にはサドルを…、と二宮は発言していた。

2006年の夏コン、横浜アリーナ(7/23)でメンバーの二宮と歌っているときにどちらかが顔をよせる方向を間違えて、互いの唇にあたってしまった。ちなみに二宮についてはそれも計算だった。
2006年8月9日・福岡コンサートにて1ヶ月近く付けていたエクステをとった。コンサート当初から「汗がひっつき邪魔」だと思っていたらしいが、最近サーフィンをするようになって本当に邪魔になり(本人談)、取ってしまった。取った初日、松本はメンバーにエクステをとったことが気付かれないようにとコンサート会場に全身黒い服装で登場。実際、相葉と二宮はなかなか気が付かなかったと言う。

中村七之助と同級生で、高校時代に一緒に通っていたらしい。(バニラ気分、中村七之助談)

バランスボールが好きらしい。(『バニラ気分』より)

昨年メンバーとの飲み会後、二宮の家に立ち寄った際、二宮作曲に詞をつけてくれと頼まれていたがつい最近まで忘れていた。(2006年12月発売雑誌より)

因みに、20歳のバースデイで二宮に「松本クンの唄」を作ってもらったときも、お返しに二宮へ詞を贈ると言っていたが、実現された気配はない。

体が柔らかい。櫻井作詞のラップにも「踊りはまるで軟体動物」
本人いわくよく噛む。「クリスマス」を「クリムス」と噛みメンバーに大爆笑された。(WISH通常版シークレットトークにて)
サンタさんがいないと知ったのは小学校1、2年らしい。(嵐・JUN STYLEより)

酔っ払うとドラマの共演者の小栗旬と同じテンションになるらしい。しかし酔っ払った小栗がかなりウザいことに最近気づき、スタッフに聞いたところ自分はもっとすごいらしいと知った。(ナイナイサイズより)

【参考資料:フリー百科事典ウィキペディア】





posted by 松本潤 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本潤基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。